男性のパーソナルトレーニング

含まれるもの


男性のパーソナルトレーニングでは、表面の大きな筋肉を鍛えると同時に、しなやかな動ける体をつくる「肩甲骨」「体幹」「股関節」を使う体幹トレーニングを取り入れます。トコフィットでは筋肉にしっかりと効かせる正しいフォームをご指導しながらトータルバランスのよい体づくりを行います。

男性のよくあるお悩み・・・

REASON所沢で男性のトレーニングに強いパーソナルトレーニングジムをお探しでしたらTOKOFITにお任せください!

トコフィットは所沢で10年運営実績があるパーソナルトレーニングジムです。男性の筋肉をつけたいというお悩みから健康維持の目的でのトレーニングまでご対応しております。体験トレーニングは無料!

REASON男性のトレーニングに強い
パーソナルトレーニングジム
TOKOFITにお任せください!

  • 所沢で10年の運営実績
  • 男性のトレーニング経験も多数
  • 追加費用の請求など一切なし!

WHY男性がパーソナルトレーニングをするべき理由

WHOは全ての成人は定期的な身体活動を行うべきであると推奨しています

健康効果を高めるには、1週間を通して、中強度の有酸素性の身体活動を少なくとも150分~300分、高強度の有酸素性の身体活動を少なくとも75分~150分、また中強度と高強度の組み合わせによる同等の量を行うべきである。

成人では、健康増進のために、週2日以上、すべての主要筋群を使用して実施する中強度以上の強度の筋力向上活動を行うことが推奨される。

METHOD男性のパーソナルトレーニングの方法

フリーウェイトトレーニング

「ダンベル」や「バーベル」を用いたトレーニング方法です。胸・背中・肩・腕・お尻・太もも・ふくらはぎなど、全身のエクササイズを行えます。

トレーニングメニューの自由度が高く、同じ部位でも異なる刺激のエクササイズができるところが特長です。

また、目的とする筋肉以外の部位もつかうため、メニューの組み方次第では、週2〜3回のトレーニングで全身を効率よく鍛えることができます。

フリーウェイトは不安定な状態で行うため、バランスを取るために使われるインナーマッスルや体幹を最も強く刺激するトレーニングです。

マシントレーニング

専用のトレーニングマシンを用いたトレーニング方法です。

トレーニングマシンは筋肉をピンポイントで使うことに優れています。

ボディメイク効果を高めるためには、フリーウェイトの後にマシントレーニングを行います。

フリーウェイトの前にマシントレーニングを取り入れることで、目的の筋肉に効きやすくなる効果もありますので、トレーニング初心者の方でも行いやすいプランでご案内可能です。

毎日の食事管理

男性は筋肉量が多く、代謝にも優れているため、適量の炭水化物とたんぱく質を中心とした食事を摂ることをおすすめしています。

さらに目的に応じて、三大栄養素の増減やカロリー調整を行います。

忙しい方向けには食事で気をつける大事なポイントをお伝え。健康重視の方には食材の選び方をお伝えしてあなたのライフスタイルに合ったアドバイスをいたします。

METHOD男性のパーソナルトレーニングの方法

フリーウェイトトレーニング

「ダンベル」や「バーベル」を用いたトレーニング方法です。胸・背中・肩・腕・お尻・太もも・ふくらはぎなど、全身のエクササイズを行えます。

マシントレーニング

専用のトレーニングマシンを用いたトレーニング方法です。トレーニングマシンは筋肉をピンポイントで使うことに優れています。

毎日の食事管理

目的に応じて、三大栄養素の増減やカロリー調整を行います。

POINT男性がパーソナルトレーニングを受けると
何がいいの?

効果がはやい

女性よりも筋肉量が多いため、トレーニングに対する筋肉の反応も良く、3ヶ月もあれば効果が実感できる。
筋肉がつきやすい

男性ホルモンの特長で筋肉がつきやすく、継続できれば、成りたい体に早くなることができる。
ダイエット効果が高い

筋肉量が多いということは、基礎代謝や糖質の代謝に優れていて、脂肪燃焼のスピードも早くなる。つき合いなど、生活に支障なくダイエットが可能。

CASESTUDY目的別パーソナルトレーニング例

CASE1 
筋肉を大きくしたい人
→ウェイトトレーニング中心

これから筋肉を大きくしてかっこいい体になろう!という方は「ウェイトトレーニング」が最適です。

筋肉を発達させるには、週に2~3回のトレーニングに加えて、回復のための食事やプロテインなどのサプリメント、睡眠などの休養は非常に大切です。

CASE2
ダイエット目的の人
→トレーニング+食事管理

体脂肪が多い方は、インスリンの働きが悪く、食べたものが脂肪になりやすい体質です。

食事管理でダイエットに専念し、その後、筋肉を増やす作業を行うことが1番の近道となります。

トレーニングで筋肉を動かし、インスリンの働きを改善すると食べたものが筋肉に運ばれやすくなるので太りにくくなります。

まとめ

  1. 筋肉を発達させるためのトレーニング
  2. 脂肪だけを落とすための食事の管理

この二つを偏らずに行うことで、生活にも役立つような実用的な体ができあがります。

もちろん、優先順位はひとそれぞれですが、「鍛える」ということを「筋肉を大きくする」と一括りにせず、

減量、増量、筋力アップなどの表面に現れやすい目的から
動ける、持久力がある、健康維持など

自分の目的とする体形と筋肉の質と量を具体的にイメージし、計画を立て、丁寧にトレーニングを重ねていけば、どんな方でも、必ず理想の自分を手にすることができるでしょう。

男性のパーソナルトレーニングなら
TOKOFITにお任せください

TOP