無料体験トレーニング受付中ですお申し込みはこちら

【最新】スポーツのパーソナルトレーニング

このページではスポーツのためのパーソナルトレーニングの方法を解説します。

現在TOKOFITで指導中のスポーツ
  • サッカー
  • 水泳
  • テニス
  • 乗馬

スポーツのためにトレーニングが必要だけど、動きが悪くならないようにしたい方にオススメです。

目次

各スポーツ目的によって適切なトレーニング方法は違います

スポーツは3つの系統に分けられます。

「瞬発力系」「筋力系」「持久力系」です。

その理由は筋肉の種類も同じように

  • 爆発的に力を出す瞬発力系
  • 重い物を持つ筋力系
  • 長期的に力を発揮する持久力系

3種類に分かれているからです。

あなたが行っているスポーツが「瞬発力系」「筋力系」「持久力系」のどの要素が含まれているかにより

  • それぞれの要素を掛け合わせたトレーニングや筋トレを行うのか(瞬発力×筋力)
  • またはひとつひとつ伸ばしていくのか

など、選手の今必要としている能力と現状の身体能力のレベルを鑑みながら、トレーナーが結果につながる効果的な指導をさせていただきます。

正しくないトレーニングはパフォーマンスを下げます

いわゆる、効かせる筋トレのようなやり方ではスポーツのパフォーマンスアップの効果を望むのは難しいです。

サッカー、野球、キックボクシングなど、様々なスポーツがありますが、

全部同じようにバーベルをもってトレーニングをすれば良いかと言われればそれは違います。

良くある間違いは

きつい運動をすればパフォーマンスアップする

ということです。

それぞれのスポーツのそれぞれの目的に合わせてトレーニングを行うことで効率よくトレーニングの成果を最大限に引き出すことができます。

正しいトレーニングとは

スポーツにおいて正しいトレーニングとはあなたがおこなっているスポーツの動きに、トレーニング種目やその方法が合っているか、ということです。

見た目の動きだけではなく、科学的な動きの要素が一致しているかが非常に大切な考え方になります。

  • どのように体が使われいてるのか
  • どのように負荷がかかるのか
  • どの方向に力を出す練習をすれば良いのか

最終的にその動きの中で自分のパフォーマンスを最大限に発揮できる筋力をつけることが大切です。

多くのパーソナルジムはスポーツ別のトレーニングを組めていない

スポーツ別のトレーニングを行うときは、ボディメイクやダイエットのためのトレーニングとは区別しなければなりません。

多くのパーソナルトレーニングジムはスポーツの能力を上げるためにボディメイクやダイエットと同じようなトレーニングを行いますがこれで効果を出すことは至難の業です。

ボディメイクとスポーツのトレーニングの違い

ボディメイクやダイエットのトレーニング

ボディメイクでのよいフォーム
  • 姿勢をよく、背筋を伸ばす
  • 体幹がブレないように、体を固定した状態

でも、競技中に体を固定した状態で力を出すことってなくないですか?

間違ったトレーニング

間違ったトレーニング
  • 試合を想定していない
  • 動き回るはずのスポーツに動かないトレーニングを行うこと

スポーツのトレーニング

スポーツでのよいフォーム
  • 背筋を伸ばしすぎず中腰程度
  • 動きの中で必要な時に力を発揮できるように

フランチャイズのフィットネスクラブは比較的料金も安く始めやすいのはもちろんメリットですが、マシントレーニングはボディメイクやダイエットには非常に効果がある反面、スポーツにおいてはデメリットになってしまいますので気をつけなければなりません。

各スポーツ、各スポーツ内でのあなたの役割に合わせて正しいやり方でトレーニングしなければなりません。

実際に大手パーソナルジムでトレーニング経験のあるTOKOFITのお客様も「試合ですぐに疲れてしまうようになった」「1試合走れなくなった」といったお客様もいらっしゃいます。

TOKOFITではプロのパーソナルトレーナーが選手1人1人に合わせて最適なメニューを構築

TOKOFITではスポーツのパフォーマンスアップに、あなたが必要としている能力に合わせて「筋力」「瞬発力」「持久力」に効果の高いトレーニングメニューを組みます。

スポーツによって鍛えるとマイナスになる筋肉がある

「競技の動き」と「あなたの苦手な動き」を把握せずにトレーニングを行うと、最悪の場合はスポーツ障害となってしまいます。

トレーニングには選手に合った難易度があります。

特定の苦手な動き、筋力が足りない部分があるにも関わらず、あなたの持っているスキル以上の難易度の間違ったトレーニングを行えば当然ケガをする危険性があります。

苦手・できない動き×負荷=ケガ

体幹トレーニングの本や見た目が派手で「きつい」トレーニングがいつも誰にでも効果がある訳ではありません。

最大限に効果を発揮するトレーニングは人それぞれ違います。

間違ったトレーニングは効果が出ないだけでなく、スポーツのパフォーマンス、健康にすらマイナスになってしまいます。

そうならないために、「必ず」弱点(ボトルネック)を改善するトレーニングもメニューに組むことで、筋力不足の部分や苦手な動きを克服し、段階的にレベルアップを目指していきます。

スポーツのポジションによって適切なトレーニングを組む

同じスポーツでもポジションにより役割が変り、求められる能力も変れば、トレーニングの内容も変ります。

俊敏に動きたい場合

「動き」「スピード」を重視したトレーニング

相手に競り負けないパワーが欲しい場合

筋力トレーニングに加えて、全身を協調させて力を出すトレーニング

筋持久力を上げたい場合

乳酸に耐える体をつくる、運動時間が長いトレーニング

あなたがスポーツで活躍するために必要としている能力によりトレーナーがメニューを組み立て指導します。

あなたのコーチに何が必要と言われますか?

あなたのコーチ、監督に何のトレーニングが必要といわれますか?またはあなた自信が何が必要だと感じますか?

  • 動き出しが遅い、瞬発力が足りない
  • 筋トレをした方がいい、体重を増やした方が良い
  • 体力がない、持久力をつけた方が良い

瞬発力をつける

動き出しが遅い、瞬発力が足りないと言われた

  • 自重をつかったトレーニング
  • 素早く切り返すトレーニング(MAX重量の50%程度)
  • 静止状態から爆発的に挙げる動作トレーニング

相手に負けない筋力をつける

筋トレをした方が良い、体重を増やした方がいいと言われた

  • 筋肉量を増やすフォームでのトレーニング(MAX重量の70%~90%程度)
  • 多くの筋肉を使う種目を重視(できる範囲で)
  • 筋肉を増やすための食事プログラムを行う

筋持久力をつける

体力がない、持久力をつけた方がいいと言われた

  • 20回以上反復するトレーニング(MAX重量の20%~30%)
  • フォームを保つ事を重視したトレーニング
  • HIITで心肺機能を高めるトレーニング

これらの3つの能力は、個々でももちろん効果を発揮しますが、特に

「瞬発力」と「持久力」は筋力が欠け合わさると

それぞれ能力のピークを最高レベルに引き上げることが可能です。

瞬発力or筋持久力×筋力=最高レベルの能力

瞬発力は筋力トレーニングとかけ合わせると、圧倒的なパワーとなります。
持久力は心肺機能に筋肉の持久力が加わる事で、試合中に脚が止まることがなくなります。

圧倒的なパワー

瞬発力×筋力

試合中に足が止まらない

心肺機能+筋持久力

選手ごとに日常時間の食事、行動のアドバイスを行います。

スポーツで強くなりたい、活躍したいなら「食事の管理も」非常に重要です。

目的によって適切な食材をとり、あなたの体がその食材をエネルギーとして利用できるように、体に覚えさせる必要があります。

自分の嗜好で食材を取るのではなく、あなたの目的に合った食べ方をしなければなりません。

趣味嗜好では絶対に強くなれない

車により必要なガソリンが違うように、筋肉も瞬発力、筋力、持久力を発揮するために必要な食材、つまりエネルギーの種類が変るからです。

ハイオクが必要な車種に軽油を入れれば走れはするがそのうち壊れるように、トレーニング内容により適切なエネルギーを入れなければ体はパフォーマンスを発揮しません。

しかし、プロフェッショナルでない限り、選手それぞれのスケジュールは変ります。

現実的に食事が難しい時間帯などもあります。制限のある実際の暮らしの中で最良の結果を出せる食事、あなただけにおすすめのトレーニングスケジュールを提案可能です。

トレーニング目的を明確化し最高のパフォーマンスを生み出す身体を一緒に作ります。

この様に、あなたが必要な能力は単純な筋力トレーニングだけではなく、

  • あなたの競技の特性
  • ポジションによる必要な能力
  • その能力を+αで発揮させる食事

これらを踏まえた上で、トレーニング指導、スケジュール、食事メニューまで包括的にアドバイス、過去最高のパフォーマンスを出せる様にサポートいたします。

※医療行為にあたるリハビリは受け付けていません。

よくある質問

スポーツのパーソナルトレーニングの特徴は何ですか?

筋力をつけたあとに、あなたの行っているスポーツの動きの中でつけた筋力を発揮するトレーニングを行う事がスポーツのトレーニングの特徴です。

どれくらいの期間トレーニングすればスポーツのパフォーマンスが上がりますか?

一夜にしてパフォーマンスが上がることはありませんが、1度からだの使い方を「理解」してしまえば今までとの違いを直ぐに感じる事ができるようになると思います。あとはその感覚を磨き上げていくことでパフォーマンスは大きく変わります。

各スポーツで適切なトレーニング方法は全く違いますか?

筋力をつけるための基本のフォームなどのトレーニング内容は同じです。しかし、どの筋肉を使って力をだすかなど見た目では分からない部分は大きく違います。

普段のトレーニング方法のポイントなど教えてもらえますか?

自分の体と向き合い、どの様に動かしたらどこの筋肉を使える、どの動きが苦手などを把握したり、負荷をかけずに、自重のトレーニングでフォームを自分の体に染みこませることが大切です。

おすすめのレシピなど試合前、試合後、○○中など時期に合わせて教えてもらえますか?

体をつくるベースとなる食事、試合後の回復の為の食事やサプリメント、タイミングに合わせた摂取方法はアドバイス可能です。試合までにピークをもってくるような細かい指導はできません。

スポーツのパーソナルトレーニングは通常のパーソナルトレーニングと料金が変わりますか?

料金は変わりません。全て一律の料金体系になっております。

パーソナルトレーニングの回数が終わった後に継続的にご指導いただくことはできますか?

もちろん可能でございます。継続をご希望の方はお得なプランをご用意しております。

スポーツ別パーソナルトレーニング無料体験は下記から

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

トレーニング内容が参考になったらシェアしていただけると嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる